青汁,効果

青汁に含まれている栄養素と人気の秘密

青汁は、今では多くの人に知られている商品です。


老若男女をとわず、多くの人々の健康と美容を支えています。

さまざまな商品が開発され、

人気の絶えない理由には、

健康を維持するために欠かせない栄養素が豊富に含まれていることが挙げられるでしょう。


青汁同様にイソフラボンという成分にも高い美容効果が期待できます。

厚生労働省によると、

健康を維持するために必要となる野菜の摂取目標量は、

成人で1日当たり350g以上とされています。


必要量とされるビタミンやミネラル、食物繊維を十分に摂取しようとすると、

現在の野菜摂取量では、到底目標には達していないと言われています。

そこで手軽に補える青汁が人気となりました。

青汁に含まれている栄養素としては、

ビタミンやミネラル、βカロチンに葉酸、カルシウムやポリフェノール、フラボノイドなどが挙げられます。


そして、5大栄養素と呼ばれるたんぱく質・炭水化物・脂質・ビタミン・ミネラルに続いて

注目されている、6番目の栄養素「食物繊維」も魅力のひとつです。


青汁の原料となる大麦若葉やケール、明日葉やゴーヤなど、

商品に使用されている内容によって栄養価に違いも生まれます。

しかし共通して言えるのは、この食物繊維がたっぷりと含まれているということなのです。

栄養素には、免疫力向上や老化防止に効果を発揮するとされています。

さらには花粉症などのアレルギーの緩和や改善、美肌効果やダイエット効果もあるとされ、

血圧や血糖値を下げたり貧血の改善も期待されています。

葉酸は妊娠中に胎児の成長に重要とされる栄養素なので、

妊婦の方や授乳中の方にも有用性は高いでしょう。