青汁,効果

青汁と生活習慣病予防

青汁と言えば、

健康維持に対する幅広い効果と効能が魅力的ですよね。




便秘解消や生活習慣病対策など

挙げればキリがないほど

素晴らしい効き目を持っています。

その背景にあるのが

「日頃は不足しがちな栄養分を摂取できる」

というポイントです。




最近ではファーストフードやコンビニのお弁当など

手軽に食事がとれるようになり、とっても便利になっています。


しかし、その反面で食事から摂取する栄養バランスが大きく乱れつつあるのです。


現代日本人は慢性的に運動不足になってしまう人が多いと言われていますから、

これは非常に危険な状態と言えるでしょう。


なぜならそういった人を中心に生活習慣病の患者とその予備軍が急増しているからです。


生活習慣病とは、メタボリックシンドロームや動脈硬化、高血圧や糖尿病などの総称。


これらには特に自覚症状はありませんが、

放置しておくと脳梗塞や心筋梗塞を引き起こし、

最悪の場合は死に至る可能性もあります。

原因は食生活の乱れや運動不足などがあります。

そして血管が老朽化し、血が滞ったりしてしまうというわけです。

これを改善するには、根本的な食事習慣や運動不足を見直すことが必要になってきますが、

それもなかなかうまく行なかないという人が多いのだとか。サントリー青汁


実は青汁を飲むことで生活習慣病を予防・改善することが可能になるのです。

これは青汁が野菜を原料としていることが大きな要因となります。

基本的に食物繊維が豊富に含まれているので、

コレステロールを吸収してくれますし、ビタミンやミネラルなどの不足しがちな栄養分を補ってくれます。